« 歌 | トップページ | やる気 »

2006年2月14日 (火)

社会人になること

社会人になるときは、とても楽しみでした。なぜなら、お金をもらえ、勉強ができ、好きな仕事ができ、自分の夢につながるから。大学は、お金を払い、勉強をする。しかし、お金をもらいながら勉強ができる。こんな最高なことはない。また、試験勉強もなくなるし。なので、がむしゃらに社会人3年間は働いた。9時前に出社して、終電もしくは徹夜もあり、そして土日も出社した。疲れすぎで、最寄り駅から歩いて帰る力もなく、仮眠を駅でしてから歩いて帰ったこともある。気づいたら、玄関で靴も脱がずに寝ていて朝目を覚ましたこともある。それでも、会社の入り口を入るとテンションがあがり毎日がとても楽しく、充実していた。今も対して働き方は、変わらないかもしれないが社会人生活の最初は、良い経験と学びができた。そして、お客さんに喜んでもらえて、感謝の対価としてお金をもらえること。そして、毎回のビジネスからたくさんの学びがあること。そして、素敵な出会いがたくさんあること。友達がたくさんできること。最高だと思った。大変なことも沢山もちろんあるがそれを上回る素敵なことが多い。

|

« 歌 | トップページ | やる気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50029/722106

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人になること:

« 歌 | トップページ | やる気 »